住宅地内にある空き地から探す

土地を持っていない人が注文住宅を建てるにはまず土地を用意しなければいけません。建物が完成して住み始めた直後からそれなりの住みやすさを求めるのであれば住宅地内にある空き地から探した方がいいでしょう。住宅地には既に生活のためのインフラが整っていて、一定範囲内に最寄り駅や買い物ができるスーパーなどがあります。利便性が高くて人気があるとその分土地代が高くなるので、建物を含めた予算内に合うようエリアを選んでいく必要があります。都市部に近づけば同じ広さでも高くなり、さらに駅に近ければ近いほど高くなります。逆に都市部から離れ駅からも離れればその分土地代は下がっていきます。該当するエリアが決まればそこにある空き地を探しましょう。

新しく宅地開発された土地を探す

割安に注文住宅を建てようとするなら土台である土地のコストを下げたいでしょう。いろいろなエリアがあるでしょうが、新しく宅地開発されたエリアを選択肢にすると良いかも知れません。これから宅地開発されるところは街づくりもこれからで必ずしもすぐに住みやすいわけではありません。街中にある空き地よりも広さの割に安く購入できる可能性があり総費用を抑えやすいでしょう。その後周辺で開発が進めば地価が上がる可能性があり、将来売却しなければいけないときに売りやすくなる時もあります。ただ土地によっては建てる住宅に条件が付いているところもあります。住宅会社が決められていたり街並みをそろえるために外構や外壁が指定されたりもするので、条件に合うかどうかもチェックしておきましょう。