注文住宅に必要な費用とは

注文住宅は施主の希望に合わせて設計できるため、理想を追求するあまりついつい建築費用が高くなる傾向にあります。事前に予算を決めていたのに、気が付けばそれを大幅に超過してしまい、住宅ローンの返済に苦労するというケースも珍しくありません。そのような事態を避けるためには、予算を検討する際に建築に必要な費用を洗い出しておくことが重要です。注文住宅に要する費用のうち、特に金額が大きくなるのは、土地の購入費と建物の建築費です。また、土地や建物を取得する場合には、所有権の設定登記が必要ですし、住宅ローンを利用するのであれば、抵当権の設定費用や借り入れにかかる諸費用も必要です。それ以外にも外構費も要るので、それらを総合的に勘案しなければなりません。

事前に建物のグレードを決めておこう

注文住宅の予算を決める際には、あらかじめどれくらいのグレードの建物にするのかを決めておくと良いでしょう。原則として、建物の建築費はそのグレードに比例するため、なるべく予算を抑えたいのであれば、なるべくグレードを低くする必要がありますし、ある程度予算に余裕があるのであれば、多少グレードを高くしても対応可能となります。建物のグレードによってそれに対応できる建築会社の選択肢も決まってきますので、最初にグレードを決めておけば建築会社の確定から建築完了までの工程をスムーズに進められるようになるというわけです。もし自分が望むグレードでは予算オーバーになってしまうようであれば、ダウングレードするというのも一つの考え方です。