住宅設備のグレードについて

注文住宅は、多くの人にとって人生で最大の買い物ですので、決められた予算でいかに満足度の高い家を作るかが重要となります。そのためには、建築会社からなるべく正確な見積もりを取得することが重要となるのですが、実際には、建築費が見積もり通りにならないケースが少なくありません。その原因の一つは、施主が見積もりの前提となっているものよりも高いグレードの建材や住宅設備を使用することを希望するからです。そういった事態を避けるためには、あらかじめ自分が希望する建材や住宅設備のグレードを建築会社に伝えておくか、そうでなければ少し高いグレードの仕様を前提に見積もりを作成するように建築会社に指示をすると良いでしょう。

外構の費用が含まれているか

注文住宅の予算を作る場合に、意外と忘れがちになるのが外構費です。見栄えのする外構を作るためには結構お金がかかるのですが、その点に思いが至らず建物の見積もりだけを見て予算の割り振りをする施主の方は少なくありません。その結果、建物は立派なのに、外構がみすぼらしい家になってしまうと、せっかく高いお金を支払ったのに満足度が低くなってしまうおそれがあります。そのようなことがないようにするためには、最初から十分な外構費を見積もりに入れてもらうように建築会社に依頼すると良いでしょう。なお、建築会社に外構を依頼すると高くなる場合がありますので、コストを抑えたいのであれば、外構については別途専門の業者から見積もりを取得するというやり方もあり得ます。

建売住宅は住宅メーカーが設計して建築した状態で販売している住宅です。広い意味では分譲住宅も含まれます。