まずは希望する工法を決めよう

注文住宅を建てるためには、どこの建築会社に委託するかを決めなければなりません。建築会社は大手の住宅メーカーから中小の工務店に至るまで数多く存在するため、闇雲に検討していたのでは、本当に施主の希望を叶えてくれるところを見つけられるとは限らないのです。自分と合わない建築会社に委託するような事態を回避するためには、まず最初にどのような工法で建築したいかを決めておくのがおすすめです。細かく分けると工法の種類は多種多様ですが、少なくとも木造軸組み工法、ツーバイフォー、鉄筋コンクリート造りのどれにするかくらいはイメージを固めておくと良いでしょう。工法ごとにそれを得意とする建築会社は絞られてきますので、その結果、条件に合うところと契約できるというわけです。

予算に合った建築会社を選ぼう

建築会社を選ぶうえでもう一つ重要な点は、施主の予算に適したところを選ぶということです。建築会社の中には、ハイグレードな住宅作りを得意とするところもあれば、ローグレードな住宅作りに特化したようなところもあります。なるべく予算を抑えた家造りをしたいにもかかわらず前者のような建築会社に委託してしまったり、逆に予算を限らずにグレードの高い家を作りたいのに後者のようなローコストメーカーに委託してしまったりすると、施主の思うような住宅は出来上がりません。そのような事態に陥らないように、建築会社を選ぶ際には、あらかじめ予算を明確にしたうえで、その範囲で満足のいく家を建てられるところを中心に検討するべきなのです。

分譲住宅は、費用が明確に提示されているため、家を購入するときの予算を事前に立てやすいのがメリットです。