土地を購入することができる業者

土地の購入を仲介してくれる業者は、大きく3つに分けることができます。ひとつはハウスメーカーです。ハウスメーカーは地元の不動産屋から多くの情報提供を受けているため、土地の情報に詳しいというメリットがあります。ただし、住宅もハウスメーカーに依頼しなければならないので、あらかじめハウスメーカーの特徴も調べる必要があるでしょう。二つ目が工務店です。工務店では、敷地対応能力が高く、多少建築に不向きな土地であっても購入して建物を建てることができます。三つ目が不動産会社です。不動産会社には、数多くの土地情報があるため、豊富な情報から見つけることができます。ただし、建築業者ではないので、住宅を建てるのに適した土地かどうかの判断は難しいでしょう。

失敗しないための業者の選び方

ハウスメーカー、工務店、不動産会社と様々な業者で土地を探して購入することができますが、その中からどの業者が良いかはしっかりと選ぶ必要があります。メリットとデメリット以外にも、業者選びのポイントがあります。そのポイントが、よい業者であること、そしてよい営業マンがいることです。よい業者の条件とは、不動産に関する数多くの情報があり、ベテランの社員が多くいるというものです。 情報が少なければ納得いく買い物ができず、若手しかいなければ不安が募ります。何を購入するにしても、営業マンとの相性が悪ければ納得のいく買い物になりません。初心者にもわかりやすく丁寧に説明してくれることはもちろん、嘘をつかず、誠実に対応して、知識と経験が豊富な営業マンがいる業者を選ぶとよいです。

新築一戸建てを建てるには工務店やハウスメーカーに依頼するのが一般的です。設計と建築という二段階のプロセスが必要になります。